黒ナンバーが無料で取得できる?! これから軽自動車での配達業を検討の方、このサービスをまずは検討してみては?

AmazonFlexなどの個人配達業務をする時、絶対にクリアーしないといけないのが黒ナンバーの取得です。

そんな黒ナンバーですが、もし個人配達業を始めたいと考えているならこのサイトで紹介するサービスを活用することをオススメします。

 

結論を言うと、月々レンタル車(軽貨物車)サービスを使うことです。

 

その理由も含めてこれから説明しますね。

 

 

無料で取得するにはレンタル車を活用するべし

軽貨物車or軽自動車の用意、黒ナンバーの取得・・・ どれを取ってもとにかく手続きが面倒です。

AmazonFlexなどでは「簡単にすぐにでも始められる!」みたいな謳い文句を言ってます。

でも、実際は始める前にけっこうな準備が必要になります。

黒ナンバーの取得がいかに面倒かは後ほど説明しますが、いずれにしても準備期間の面倒な作業をほぼ全てお任せでやってくれるサービスがあれば絶対に検討するべきです。

その中で特にお勧めなのが「箱バン.com」です。

 

コレ、本当にスゴイですよ。

なんたって、早い、安い、安心の三拍子が揃っているんですから。

 

扱っている車は全て新車で、納品までは最短2週間!(早い)

頭金、初期費用、登録費用は全て0円!(安い)

メンテナンスの保険、車検全て込み!(安心)

 

最高じゃないですか。。。

 

そして肝心の黒ナンバーの取得ですが、なんと作成&申請の手続きが0円です。

嘘じゃないです、本当に0円です。

 

黒ナンバーを取得するには軽貨物運送事業届を運輸支局に提出する必要があります。

自分で作成することも出来ますが、行政書士に代行してもらうと大体3万円台になります。

それが無料で出来ちゃいます!

ただ、これは特典として付いているものです。

つまり、通常サービスではない以上、いつかこの特典が終了になる可能性もゼロではないってことです。

黒ナンバーの取得の需要が少なければ、このサービスが終了する可能性も考えられます。

さらにもう1つの特典としてWEB経由の問い合わせは月額リース料金が10%割引になります。

 

これも同様、いつか終了になるかもしれません。

もし、あなたがこのサイトで初めて「箱バン.com」を知ったなら今すぐに簡単なWEB見積もりだけでもやることを推奨します。

もちろん、無料で簡単にできます。

 

黒ナンバーの取得は意外と面倒

よく勘違いする人がいますが、黒ナンバーの取得は普通の自家用車のナンバーの取得より若干面倒なところがあります。

自家用車であれば、新車中古車問わず購入した店でナンバー取得を代行してくれるところが多いので、どういった仕組みで取得できるか知らなくても困ることがありません。

その一方、黒ナンバーとなると事業用の軽貨物車を対象したものなので、取得の条件、必要書類、手続き方法などが意外と面倒になります。

 

まずは取得の条件から説明します。

自家用車などの普通車と同様、車両の保管場所があるのか、損害賠償能力の有無などに加えて、運送約款がないとダメです。

運送約款とは、荷主間で運送契約の内容がまとめられている文書のことです。

国土交通省のサイトからダウンロードすれば良いだけの話ですが、意外と知らない人もいます。

次に必要な書類ですが、基本的には5つの書類を近くの運輸支局に提出する必要があります。

 

提出する書類は

・事業用自動車等連絡書

・運賃料金設定届出書

・運賃料金

・貨物軽自動車運送事業経営届出

・車検書

の5つです。

書類は運輸支局HPからダウンロード可能で、それを記入して運輸支局に行って提出する必要があります。

問題なければ、運輸支局から押印された事業用自動車等連絡書が受け取れます。

 

しかし、これで終わりではありません。

 

その次に、軽自動車検査協会に下記の書類を提出しなければいけません。

 

提出書類

・押印された事業用自動車等連絡書

・車検証の原本

・住民票

・ナンバープレート2枚(前後)

 

これらの書類を提出し、現地(軽自動車検査協会)で車検が実施され、それに合格すると黒ナンバープレートを取得することができます。(ちなみに手続き料として1,900円かかります)

 

正直、何が面倒かというと書類の作成以上に、運輸支局&軽自動車協会の2箇所に行かなければならないってことです。

 

しかも、時期によっては混雑しているので予想以上に待たされることがあります。

住んでいる場所によっては2箇所まで遠い場合もあるでしょう。

そうなると、さらに面倒度が増します。

そういったことも黒ナンバーの取得は今回紹介している箱バン.comのようなサービスを活用して全て任せてしまった方が良いです。

→ 箱バン.comで無料で黒ナンバー取得を任せる

 

自家用車を黒ナンバーに変更するのはやめた方が良い

もし今持参している軽自動車の自家用車を黒ナンバーにして配送事業を始めようと考えている人は、もっと面倒くさいことになると前もって覚悟した方が良いです。

というのも、そういった車の場合軽自動車検査協会の車検審査に意外と落ちる可能性が高いからです。

 

新車、比較的最近購入した中古車、レンタル車であれば、まず軽自動車検査協会の車検審査に落ちることはほぼないです。

手続きが面倒なことに加え、軽自動車の自家用車を黒ナンバーにするとさらに面倒になる可能性が高い以上、個人的にはおすすめできません。

考えたくはないですが、もし個人配達業務を始めて思った以上に稼げなくてすぐに辞めたくなった場合、ナンバープレートを黄色に戻すことになったら手間とお金がさらにかかります。

 

ちなみに黒プレートの車を自家用車として使うこともできないわけではないですが、黒プレートは4or5ナンバーによって乗車人数&最大積載量が変わります。

 

例えば、黒ナンバー車に最大乗車人数よりも多くの人を乗せて運転している時、アンラッキーなことにパトカーに見つかったら罰金・減点を課されることは確実なので注意してください。

 

以上の理由から、自家用車である軽自動車を黒ナンバーに変更するのはおすすめできません。

ちゃんと個人配達業務の車として自家用車とは別個で持つようにしましょう。

やはり箱バン.comのような車リースサービスを活用することに尽きます。

→ 箱バン.comを活用してみる

 

他社と何がどう違うの?

ここまで読んでくれた方なら、黒ナンバーを取得して個人配達業務を始めるならリースサービスを利用した方が無難だと実感してくれたと思います。

最後に、このサイトで紹介している箱バン.comは他社と何がどう違うのかを3点まとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1:車の受け渡しは無料で自宅で

多くの他社は自分がリース会社に出向いて車を受け取るのが一般的ですが、箱バン.comは無料で自宅まで車を届けてくれます。

中には有料で陸送してくれる会社もありますが、それなりに費用がかかります。

 

2:審査のハードルが比較的緩い

他社と比べて審査が若干緩い印象があります。

おそらく理由は扱っている車が全て新車に加えて、車のバリエーションも最小限にしているからでしょう。

また、提携している金融機関が他社よりも多いので他のリース会社で審査落ちしても箱バン.comなら審査に受かったという人が多いようです。

 

3:業界の実績が長い

箱バン.comは業界20年の実績があります。

リース会社で20年はけっこう長い方です。

また、リース業務に加えて保険代理業も兼ねているので、最適な保険プランの提案をしてくれるのも他社と違う点でもあります。

ちなみに、月額のリース料金に任意保険を組み込むことで、万が一契約期間中に何度も事故を起こしたとしても保険料が一切上がらないというメリットもあります。

 

以上の3つになります。

 

他にもたくさんのメリットがありますが、詳しくは公式HPに記載されているので気になる方はそちらで確認してみてください。